ご両親の思い出やご実家の佇まいを残しながら、
住宅部をスケルトンリフォーム。

空き家状態だったご実家は、見た目の傷み具合はかなり進んでいましたが、もともと重量鉄骨の頑丈な造りだったため、今の構造を活かしながら、ご両親の思い出やご実家の佇まいを残す住居部のスケルトンリフォームと建物の保全工事を行うことになりました。
その際、当社としては雨漏りのする建物を補修しつつ、既存の窓の多さを活かした開放的なLDKプランをご提案。奥様こだわりのアイランドキッチンをLDKの中心に大胆に配置し、どこに行くにも必ずキッチンを通る動線を確保しました。
現在、分譲マンションにお住いのM様にとっては、間取りや設備・建材などを一から検討し選択していくことは、かなり新鮮な体験だったそうで、縦格子の内装引戸や木製ブラインドなど機能面を充実させつつ、統一感のある空間ができたことに大変満足されているそうです。
今はまだ本格的にお住いにはなっていませんが、奥様のインテリアセンスを発揮できる最高の舞台が整ったという感じです。

東京都 M様邸
■場所/東京都 ■家族構成/ご夫婦、お子様1人 ■築年数/30年
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/重量鉄骨 ■工期/4カ月 ■施工費用/1,430万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

リビング

リビングにはベンチ収納を。
日当たりがよく風通しも抜群のため、“ホスクリーン”を設置して洗濯物を掛けられるように。

《Before》

キッチン

敢えてキッチンとリビングの間に袖壁を設置することで、ゆるやかに空間を仕切っています。

トリプルワイドIHは奥様の譲れないこだわり。
家族が行き交うキッチンだからこそ安全面や使い勝手にこだわられました。

《Before》

料理中も目の届くキッチン脇に子ども部屋を配置。
テーブルとして使えるカウンターはPCやお子様の勉強スペースとしても活躍しています。

寝室

寝室の一部にワンちゃんのコーナーを。
壁には消臭・防湿機能のある壁紙“ガウディア”を貼ってあります。

クローゼット内部はリーフ柄のクロスでリゾート感を演出。
限られたスペースだからこそ取り入れやすいアイデアです。

トイレ

水まわり設備は全てパナソニック製で統一。

バスルーム

ライン照明と美泡湯の機能でくつろぎのバスタイムに。

《Before》

モロッカン柄のクッションフロアでリゾート感を演出。

《Before》

玄関ホール

以前より広く使えるようになった玄関は収納量もたっぷり。

《Before》

間取りへ戻る