動線を変えたら、家族も来客も快適に
日本家屋の良さと生活スタイルを調和

床の間のある立派な玄関に、田の字型の和室、日本家屋の伝統を引き継ぐMさんのお住まい。しかし、生活の中心となるDKや水まわりは動線が不便で、無駄なスペースも多いと感じていたそう。そこで、今のライフスタイルに合った住まいへとリフォームを決意。まず、DKと和室1室をひとつにして広く明るいLDKを確保。そのうえで、無駄に広かった土間と通路部分を活用し、LDKからランドリーを抜け、洗面や勝手口へと通じるシンプルで使い勝手のよい動線を生み出した。また、地域の会合など来客も多いというが、中央部に通路を設けたことで、パブリックとプライベート空間を上手に分けることにも成功。収納や掃除のしやすさにこだわって棚や収納の図面まで描いたという奥さまも「とにかく家事がラクになりました」と満面の笑顔だ。

滋賀県 M様邸
■場所/滋賀県 ■家族構成/ご両親、ご夫婦、お子様2人 ■築年数/27年
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/木造軸組
■リフォーム箇所/リビング、ダイニング、キッチン、洗面所、浴室、洋室、和室、その他
■施工費用/1,515万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

レッスンルーム

防音工事を行い、外への音漏れがないだけでなく、外からも入ってこないので集中できるように。

リビングダイニング

お掃除ロボットが使いやすいよう置き家具を減らし造作・壁付けに。実際、ロボットがいらないほどラクちん。

廊下

廊下の収納にMさんのスーツなど。忙しい朝に2階と行き来せず準備できる。

ランドリー

ランドリーを抜けて一直線で勝手口へ。

ダイニングキッチン

以前はDKの上部がトップライトで、冬寒く夏暑かったが、明るさは損なわず過ごしやすく。

キッチン

予定表などを張るために設けたニッチ。壁からはみ出さないので邪魔にならない。

少ない移動距離で作業できると満足。

勝手口

新しい勝手口。奥さまや子どもたちはふだんこちらを使うことも多い。

お客様の声

前回話したことへの提案が、次回に必ず用意されているので打合せがスムーズ。工事を急いでいたのですが、その対応力にも安心でした。

間取りへ戻る