スケルトン階段で光が部屋の隅々まで
暗かったDKが解放感あふれる空間に

白を基調とした空間に、まるでオブジェのように佇む階段が印象的なIさんのお住まい。しかし、以前は和室とDKとに仕切られた間取りで、DKが日中でも暗いため、食事も別の部屋でとっていたと言う。そこで「とにかく明るくしたい」というご家族の要望に、同社の有馬さんが提案したのが、壁をすべて取り払い、階段をスケルトンにして光と風を部屋の隅々にまで届けるプラン。1階はLDKのスペースを確保するため、バスや洗面を思い切って2階へ移動。リビングからつながるウッドデッキも新設し、さらに空間の広がりを感じられるようにした。「前はキッチンも壁付きで閉塞感があったけれど、今はキッチンに立つと窓の外まで視界が広がって、解放感があります」と満面の笑顔。外にでかけなくても、家で過ごす楽しみが増えたそう。

大阪府 I様邸
■場所/大阪府 ■家族構成/ご夫婦、お子様1人 ■築年数/27年
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/木造軸組
■リフォーム箇所/リビングダイニング、キッチン、バス・浴室、トイレ、洗面所、和室、洋室、収納、玄関、階段、外壁・エクステリア
■施工費用/1,495万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

ダイニングキッチン

ゆとりあるキッチンができたことで、「前は人を招くことができなかったけれど、今は友人たちと集まって料理や食事を楽しめるようになりました。次は、スイーツ作りに挑戦したいですね」と娘さん。夏にウッドデッキでビールを楽しんだというIさんは、「来年は仲間とバーベキューを計画中」だとか。

リビング

LDKの建具は透過性のある素材にして、玄関や廊下にも光が届くように。

階段

階段の両サイドには強化ガラスを採用。“抜け感”を出しながら、空調の対策もしっかり行った。

お客様の声

リフォームでここまでできるなんて驚き。どんな要望にも無理とは言わず、これならできますよ、という提案を常にしてくれました。

間取りへ戻る