使わない和室と寒さと湿気。
暮らしも家事も快適無限大。

玄関脇の応接室、広縁に面した和室、閉鎖的な台所という昭和な間取りのM様邸。高齢のお母様には不便な生活動線の上、冬寒くジメジメ。家族が集まる快適なLDKを中心に間取りを全面変更することに。畳コーナーやパソコンコーナーなど家族それぞれが楽しめる空間や、引き戸で繋がるサニタリーなどバリアフリーも確保し、収納も充実。断熱工事や内窓で住まいの基本性能も向上しました。

福岡県 M様邸
■場所/福岡県 ■ご家族構成/お母様+ご夫婦+お子様2人 ■築年数/37年 ■建物のタイプ/戸建住宅
■工期/2ヶ月 ■構造/コンクリートブロック造
■リフォーム箇所/リビングダイニングキッチン、玄関、洋室、トイレ、浴室、洗面 ■施工費用/1,609万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

LDK

開放的で明るい家族の中心となるLDK。
畳コーナーを設けたり、TVの後ろの壁の裏側には、細々したものの収納を造作するなど、暮らしを楽しみながらスッキリと生活できるアイデアが満載。

廊下へのドアの脇に見える低い壁の後ろにはパソコンコーナーを設置。
趣味の編み物などをお母様が楽しむという畳コーナーには、仏壇を収めるスペースも工夫されました。

2台のモニターが並ぶパソコンコーナー。目の前には緑あふれる庭が広がります。

開放的なアイランドキッチンだから、家族の様子を眺めながら料理できます。

玄関

収納も豊富な玄関。廊下の奥まで丸見えだった2階への階段もケコミの工夫でスッキリさせました。

玄関をはじめ、引き戸を多用することでバリアフリーの配慮になります。

サニタリー

外に置いていた洗濯機もサニタリーに専用コーナーを設けて収納。家事動線もスムーズに。

ガーデン

広々とした緑あふれる眺めのよいお庭。

お客様の声

あたたかいところで家事をしたいという希望をいろいろなアイデアでかなえてくれました。
家族も自然に集まるようになりました。

間取りへ戻る