top

ずっと温めてきたモダン&シックなインテリア。
筋交いが空間のスパイスに。

ご両親が建てた一戸建てを、自分たち好みにリフォームすることを決断したKさんご夫婦。何よりもこだわったのはデザイン。以前から「家を建てるならモノトーンで」と決めていたと言う。さらに、夫人がひと目惚れしたキッチンのワインレッドをテーマカラーに加えコーディネートすることに。数社に相談したなかから同社をパートナーに選んだのは、「好みを理解してくれた上、使いやすさをとことん考えてくれた」から。間取りは、玄関や廊下部分を整理し、生活の中心であるLDKや洗面所を広く。キッチンの配置は、お子さんにも目が届くセミオープンに。すっきり暮らしたいという要望に応え収納も充実させた。「撤去できない筋交いはあえて見せることで、空間のアクセントにしました」と担当の笹木さん。その出来栄えに大満足のご様子だ。

広島県 K様邸
■場所/広島県 ■ご家族構成/夫婦+子ども1人 ■築年数29年 
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/木造軸組
■リフォーム箇所/リビングダイニングキッチン、WIC、寝室、玄関、洋室、トイレ、浴室、洗面 
■施工費用/1,450万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

LDK

以前の廊下部分も取り込んで広々としたLDKに。
構造上撤去できない筋交いは、見せることでアクセントとした。

夜には間接照明が映え、また違った雰囲気に。
高さを感じさせるカーテンも K さんのお気に入り。

キッチン

夫人がひと目惚れしたワインレッドのキッチン。家事もしやすい動線に。

トイレ

トイレの壁クロスはエレガントに。

お客様の声

コミュニケーションがとてもスムーズでした。デザインへのこだわりが強くありましたが、セキスイさんの提案してくれるものは全て好みに叶っていて、とてもスムーズに進みました。

間取りへ戻る