top

天窓の光と陰影、緑を楽しむ大空間。
両親の建てた家がさらに風格を増して。

「友人がリフォームした家を見て、すっかり気に入ってしまったんです」。同社との出会いを、こう話してくれたKさんご夫婦。さっそく打ち合わせしてみると「知識も豊富だし、要望に次々提案をしてくれるので、安心感を感じましたね」。以前のお住まいは部屋が細かく分かれていて、室内の大きな段差や採光の悪さ、冬の寒さなどが大きな悩み。特に夫人はDKがリビングと離れているので孤立感があったそう。そこで、同社が提案したのは、二部屋をひとつながりにして採光・通風を確保したLDKと、風格ある玄関を構えたプラン。室内の奥まで光が届くよう、3か所に天窓を設ける提案も盛り込んだ。また、断熱や構造補強なども行い、建物そのものの性能も向上。押入れ中心だった収納は、適所に使いやすい造作収納を配置。大容量のWICも設けた。快適になったLDKでは「息子がギターを持ち込んで弾いてくれたり。家族が一緒に過ごす時間が増えました」と、ご夫婦ともに満面の笑顔だ。

兵庫県 K様邸
■場所/兵庫県 ■ご家族構成/夫婦+子ども1人 ■築年数40年 
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/木造軸組
■リフォーム箇所/リビングダイニングキッチン、WIC、寝室、玄関、洋室
■施工費用/2,260万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

LDK

以前は目にすることも少なかった中庭の緑が今では生活のなかの楽しみに。

テレビ背面とキッチン腰壁には石調のエコカラットで落ち着いた雰囲気に。
折り上げ天井は、天井を高く、開放感を感じさせてくれる。
サッシはワイドな2枚引き戸にして眺め良く、自家菜園の成長を日々楽しんでいる

3か所に設けた天窓で室内が明るく。

キッチン

どこへでも通り抜けがスムーズなキッチン動線。勝手口へも一直線。

玄関(外観、内観)

以前の面影を残しながら風格ある顔つきに。

洋室をなくして、広々とした玄関に。
中央の格子壁は、奥にある浴室などへの出入り口を来客から目隠しする役割も。

WIC

寝室奥のWICは、布団なども十分収納できる広さ。

お客様の声

要望を汲んで、要望以上の提案をしてくれました。「広い玄関には驚いたけれど、とても気に入りましたね」とKさん。「寝室、キッチン、LDと動線がスムーズだし、家族と近くなって嬉しい」(夫人)

間取りへ戻る