セキスイハイム

セキスイファミエス(セキスイハイムグループ)のリフォーム事例のご紹介

熊野聖子
お住まいに不満があっても我慢して生活されている方々に、そのフラストレーションをなくす方法をご提案するのがモットー。細かいこと、たくさんの不満をぶつけてください。「必ず改善方法を見つけます!」
所属 セキスイファミエス中国(株)
プロフィール

岡山県出身。
倉敷美観地区の美術館や博物館を眺めながら通学した高校時代に感性を磨く。

大学進学時に、6つ年上の兄が土木関係の仕事をしていたことから「地図に残る仕事をしたい」と建築学を選択。幼い頃に自宅をリフォームした際の女性担当者を「かっこいいな」と思ったのも進路を決定するきっかけのひとつ。

大学卒業後、工務店系住宅メーカーで新築営業を2年経験するも、「出会いから引渡しまでを一人で担当したい」とセキスイファミエスへの転職を決意。
05年 セキスイファミエス岡山に入社。

これまでに40軒以上の住宅建築・改築に携わる。

「リフォームのできることは不満を解決すること。だから不満はアバウトではなく、細かくお聞きします」。お客様の現状と理想を近づけるために何度も打ち合わせを行い、イメージを共有するため写真と雑誌を活用する。建築費用や諸費用への影響などナイーブな問題もあらかじめできる限り提示し納得していただくことを心がけている。

好きなもの
好きな建物: 倉敷市立図書館 谷口吉生氏の手掛けるミュージアム 植田正治写真美術館
好きなスポーツ: ダイビング
好きな雑誌: 住宅特集「I’m home」「カーサブルータス」「ペン」「モノマガジン」のカタログ
趣味: 温泉郷を巡りアロママッサージを受けること。
母伝授のベイクドチーズケーキ作り。冷蔵庫で1晩寝かせるのがコツ
お客様との思い出 今でも印象深いのは、N様邸の奥様とのことです。奥様とは年齢も近く趣味も共通していて、初回から意気投合。例えば、プランの変更や壁材を選ぶ時など、お互い悩むたびにその都度、電話やメールで相談しお互いの考えを確かめ合うことができました。電話が深夜になることもしばしば。実家に帰られていてお会いできない期間も電話やメールでのやり取りを続け、長期にわたるリフォームが中だるみすることなく、お互いに満足できる仕上がりになったと思い、感謝しています。
積水化学工業株式会社 住宅カンパニー 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)