セキスイハイム

セキスイファミエス(セキスイハイムグループ)のリフォーム事例のご紹介

古和田秀明
リフォーム担当として大小さまざまな案件を手がけつつ、さらなるご要望に応えるべく日々勉強中。
所属 東京セキスイファミエス(株) デザインリフォーム営業所
プロフィール

京都府宇治市出身

立命館大学法学部を卒業後、1991年積水化学工業に入社。
セキスイハイムにて新築住宅の営業・設計を7年間経験。
その後、アパートや分譲住宅、介護施設など多岐にわたって担当。

2005年 セキスイファミエスに異動
一般住宅のリフォームを担当。営業から設計、現場管理まで行う

「家を提案するというのは暮らしを提案するということ」をモットーに、得意とするのはシンプルで機能的なデザインにアクセントを加えた提案。セキスイハイムの新築住宅を担当していた頃は、特殊な工法の中で、その限界に挑戦しながら遊び心のあるデザインも追及してきた。

「リフォームは実際に現場でフタを開けてみないと予想通りにいかないところもやりがいのひとつ。これまで一般住宅からアパートなどを手がけた経験と知識をフルに活かします」

二級建築士、二級建築施工管理技士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、福祉住環境コーディネーター、宅地建物取引主任者

好きなもの
趣味: 野球、サッカー、日曜大工
好きな場所: オーストラリア(海辺でぼーっとすること)、
京都の哲学の道
お客様との思い出

営業をはじめて5年目くらいにお見積りをしたお客様。5社ほどに相見積りを依頼され、最終的に他社に発注されました。

「家中に置いてある一輪挿しに気づいてくれた担当者の会社に決めた」というのがその理由。ご自身で花を育て、部屋に飾ることが楽しみだったお客様にとっては、建物だけではなくお庭も生活に欠かせない大切な部分だったのです。それに気づかず、私の提案は庭が少し小さくなるものでした。口に出さなくても、その暮らしぶりを見て「何を大切にされているか」を考えていれば、違った提案ができたのかもしれません。それ以来お客様の暮らしぶりから「言葉にない要望」をくみ取ることを心がけています。お客様との接し方・仕事への考え方を変えていただいた、今でも教訓となる大切な思い出です。
積水化学工業株式会社 住宅カンパニー 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)