セキスイハイム

セキスイファミエス(セキスイハイムグループ)のリフォーム事例のご紹介

駒井隆志
ライフステージによって異なってゆく必要な空間。変わるたびにリフォームしなくてもすむよう、応用が利く空間作りを心がけています。「無駄を省き、人にも環境にも優しいリフォームを」
所属 セキスイファミエス近畿(株) 京滋
プロフィール

大阪府出身
京都で学生時代を過ごす(法学部)
1992年 外資系製薬会社に勤務
1996年 木軸系住宅メーカーに勤務(新築担当)
2000年 セキスイファミエス入社
現在までに約120件のリフォームを担当

実家が「町の薬屋さん」だったため、大学卒業後、製薬企業へ就職。しかし、ずっと好きだった住宅関連の仕事の夢を捨てきれず、転職したという異色の経歴。
子供のころ新聞の折込みチラシを見ながら、どの住宅の住み心地がいいかを吟味していたほど住宅好き。
「お客様にとって、“本当に必要か、なぜ必要なのか”とじっくりお話を伺い、これまで新築・メンテナンス・リフォームと、住宅の成り立ちから終わりまでを経験した強みを生かしたプランを提案しています。

好きなもの
好きなインテリアショップ: マダムイグレック芦屋
好きなスポーツ:

ダイビング
モルディブへ行くことが楽しみ。

PADIアドバンスコース取得。
水中写真を撮影することが好き。

愛用の家電: スチーム掃除機「コチネラ」(伊語でてんとう虫の意)
好きな建物: 出雲大社
お客様との思い出 可動棚などを部屋の中で目立たないところにちょこちょこと作るのが好きです。例えばPCコーナーを押入れの中に作るなど、ちょっとした隙間に設置してまた元に戻せたり、違う方法で利用できるように。ライフスタイルやライフステージに合わせて必要となる空間はさまざま。決められた用途のみならず、いろいろと転用ができてこそ一般家庭のリフォームにあるべき姿。H邸では、奥様の趣味であるトールペイントの絵の具用の棚を造作しましたが、さっそくCD棚になっていました。これが私の「家庭用」居住空間設計です。
積水化学工業株式会社 住宅カンパニー 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)