セキスイハイム

セキスイファミエス(セキスイハイムグループ)のリフォーム事例のご紹介

松山靖司
住宅畑ひと筋。営業を中心に設計から現場管理もこなす。飾らない実直な人柄で、お客様からの信頼も厚い。「口ベタですが営業やってます!」一級建築士。
所属 セキスイファミエス近畿(株)和歌山支店
プロフィール

和歌山県和歌山市出身
専門学校卒業後、
1992年セキスイハイムに入社。設計6年間、新築住宅の営業4年間経験。
2001年セキスイファミエスに異動。
現在は、営業を中心に設計から現場管理までを担当。

高校時代に建築家が主人公のドラマに影響され、建築関係の道に進むことを決意。設計から始まり、営業担当へ。セキスイファミエス異動後に一級建築士の資格を取得した。 モットーは「寸法がすべての基礎をなす」。ピタリと納まるパーツ、無駄のない空間利用など、緻密さ+デザインとしての美しさを追求した家づくりを得意とする。

仕事仲間からも慕われる、飾らないまっすぐな性格ゆえ、お客様ともかえって本音の付き合いができて信頼も厚い。「誤解や行き違いなどがないよう、気持ちよくお取引をさせていただくことを心がけています」。

好きなもの
趣味: 釣り、野球(小2から高3までショート)
特技: 釣った魚を料理すること。まずは刺身です
休日の過ごし方: 家族サービス(2人のお子さんのパパ)
好きな飲み物: ビール
お客様との思い出 高級志向のお客様との初打ち合わせ。これまでに手がけたことのないタイプの物件だったので、十分にお客様のイメージを理解できない部分もあり、「僕には無理だな」「この担当者で大丈夫かしら…」という空気が流れる始末でした。
そこで、実際にお宅を拝見してイメージをつかみ、棚やカウンター収納などを工夫することに。パースを用いてご提案をしたところ、なんと3社の競合をおさえてご発注いただけました。さらに、下駄箱の作製 までご相談いただくというオマケつき。意外な高評価に驚き嬉しかったのはもちろん、インテリアの勉強 など新しい分野にチャレンジするきっかけとなりました。
積水化学工業株式会社 住宅カンパニー 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)