セキスイハイム

セキスイファミエス(セキスイハイムグループ)のリフォーム事例のご紹介

渡部潤子
お客様にとって最も心地よく感じる空間をご提案したいと考えています。リフォームをする時は、新しくなる嬉しさと、思い出の詰まった家が形を変えてしまう寂しさが混在しているものです。お客様の繊細な気持ちを汲み取ってあげられるように心がけています。
所属 セキスイファミエス中四国株式会社 広島支店
プロフィール

山口県岩国市出身

関西外国語大学を卒業後、住宅メーカー、英語講師などを経て、広島への転居を機にセキスイファミエスに入社。2年間営業を経験した後、現在のデザイン企画室の立ち上げメンバーとなる。

(父親が建築業でしたので、家には常に青焼き図面やカタログなどがあり、それらを見ながら素敵な家を想像するのが大好きでした。米軍基地の近くで育った影響で外国文化への憧れが強く、大学は外国語大学に進学しましたが、留学中はその地域の住宅事情を論文テーマに選ぶなど、住宅に関する興味は変わらず、その後ご縁があってセキスイファミエスに入社しました。)

保有資格

二級建築士、インテリアコーディネーター、キッチンスペシャリスト、マンションリフォームマネジャー、AFP

休日の過ごし方

私の祖母は絵を描く人なので、子供の頃家族で出かけるというと美術館めぐりでした。当時は何も思わなかったのですが、大人になってからその頃見たものが色々な場面で役に立っていると感じています。そんな事があったので、現在2歳の娘にもなるべく沢山の本物を見せてあげたいと思い、美術館やミュージカル、山や海などへ積極的に連れて行っています。

趣味・特技

部屋の模様替え。夜中に突然思い立ち家具を動かし始めるので、家族には不評です。

家族構成

夫と2歳の娘、オスの黒猫の4人家族です。

リフォームについての考え

お客様にとって最も心地よく感じる空間をご提案したいと考えています。リフォームをする時は、新しくなる嬉しさと、思い出の詰まった家が形を変えてしまう寂しさが混在しているものです。お客様の繊細な気持ちを汲み取ってあげられるように心がけています。

好きなもの
好きな建築家: 宮脇檀さん
好きな建物: デンマークでホームステイした家。老夫婦の家でしたがインテリアセンスが抜群で、家族の思い出や旅先で購入した雑貨などが絶妙なバランスでコーディネートされていました。生活感がありつつオシャレな家。私の家作りの原点になっています。
好きな旅先: こじんまりとした温泉旅館で、おいしいものを食べて癒されるのが楽しみです。
印象に残っているお客様 入社2年目でまだ営業をしていた頃、パティシエの奥様が独立してご自宅の一部を工房にされるリフォームを担当しました。当時は経験不足もあり、わからない事だらけで苦労したのですが、その分お客様とは本音で話せる信頼関係を築く事ができました。今でもイベントの度にケーキを作って頂いたり、子育ての相談に乗ってもらったり、仕事以上のお付き合いをさせていただいています。
積水化学工業株式会社 住宅カンパニー 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)