セキスイハイム

セキスイファミエス(セキスイハイムグループ)のリフォーム事例のご紹介

瀬戸陽子
お客様のニーズに+αの提案をすることを心がけています。大学ではインテリアを学び、インテリアコーディネーターを経て、リフォームコーディネーターに。休日は山口の美しい海・山・川を巡るアクティブな生活を送る。
所属 セキスイファミエス中四国 山口支店
プロフィール

山口県出身。

大学時代はインテリアを学び、卒業後ハウジングアドバイザーとしてセキスイハイムに入社。その後、インテリア課に配属され、インテリアコーディネーターとして勤務。7年後セキスイハイムを退職し、長年の夢だった波乗りと世界遺産を巡る旅に出ることを決意、オーストラリアに単身出発しました。

帰国後、工務店で初めてリフォームに関わる仕事を始めるものの、縁あって再び2005年からセキスイファミエス中四国に入社、リフォームコーディネーターとして新たな出発を切りました。

リフォームで心掛けている事はまずはお客様のお話を全て「聞く」 こと。その中からベストな形を作りあげる中で、私なりの+αをご提案。お客様の横に寄り添うのが私のスタイルです。

好きな建物

日本夕日百選に選ばれた焼野海岸のスペインレストラン「ソルボニエンテ」隈研吾氏設計。

好きなもの
犬: 飼っているM・ダックスフントも老犬になり、住まいをバリアフリーリフォーム。人も犬も同じ。家族の快適に余生を楽しめる家づくり、介護の負担の少ない住宅の必要性を痛感。
自然: 時間があれば自然の美しい山口県の海・山・川巡り。波乗り中に、山口の海でイルカと、高知でサメに、奄美で海ガメに、シドニーでペンギンの群れに遭遇しました。
趣味

アフリカの叩楽器ジャンべ

オーストラリア内陸部を縦断中に、先住民アボリジニが演奏していたアフリカの楽器ジャンべに感銘を受けました。帰国後実際にジャンべを叩き始め、現在、アフリカンダンスチームのバックミュージックに参加しています。

お客様との思い出

大阪にお住いで、山口の築古のご実家を改装してのUターンを検討されていたお客様。お会いしたばかりで現実感のなかった頃、「リフォームをした後は大きなウッドデッキをつけて、庭を眺めながらビールを飲みたいね。」といわれていたご主人様。複数社との競合の後、大改装を施工させて頂き、Uターンされたご夫婦。念願の大きなウッドデッキで、ライトアップされた紅葉の綺麗な陰影と庭を見ながら、ご一緒にビールを飲んで喜びを分かち合うことを実現できました。こういった瞬間は最高の充実感に満たされます。

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2-3-17(虎ノ門2丁目タワー)