家族それぞれお気に入りの場所を確保。
緑を楽しむリビングでもっと仲良しに。

中古で購入して数年。「和室が物置状態だったり、玄関が靴であふれていたり、間取りの不便を感じていました」と夫人。数社に声をかけたが、同社を選んだ決め手は提案の良さ。「和室をなくしてLDKを広く、玄関も広く、シューズクローゼットを作りたいというのが希望でしたが、廊下をLDKに取り込んで空間を有効活用したプランがひと目で気に入りました」。さらに夫人がこだわったのが玄関のニッチ。担当の左海さんと何度もキャッチボールしながら理想の大きさやカタチを完成させていったという自信作。「外から帰ってドアを開けた瞬間嬉しくなりますね」。けれど何より嬉しいのは、リビングに家族が集まる時間が今まで以上に増えたこと。「家族それぞれお気に入りの居場所を見つけて寛いでいますよ」と笑顔で話してくれた。

京都府 A様邸
■場所/京都府 ■家族構成/ご夫婦+お子様2人 ■築年数/22年 ■建物のタイプ/戸建住宅
■構造/軽量鉄骨 ■リフォーム箇所/室内改装、浴室 ■リフォーム面積71.61㎡ ■施工費用/588万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

リビング・ダイニング

大きな窓からは庭の緑が目を楽しませてくれる。テレビの背面には落ちついた色合いのエコカラット。

玄関

暗く圧迫感のあった玄関が明るく開放的に。正面とサイドのニッチはサイズやかたちを何度も話し合ってつくりあげた。エコカラットがデザインのアクセント。

洗面スペース

洗面スペースはタイル調の床が印象的。ドアを開けた時、正面にある格子が目隠しの役割を果たしてくれる。

リビング

以前は廊下だった部分もLDKに取り込んだことで、奥行だけでなくワイドもたっぷり。無駄をなくし空間が有効に使えるように。

キッチン

2年前、出窓にして明るく生まれ変わったキッチン。今回はクロスを変えてリフレッシュ。

シューズクローゼット

明るいイエローの壁紙が目をひくシューズクローゼット。容量も十分だ。

お客様の声

悩んでいたシューズクローゼットの大きさを、工事途中にも関わらず変更して頂くなど柔軟に対応してくれました。納得の住まいになりましたね。

間取りへ戻る