非日常でありながら心から寛げる
目指したのは和と洋で創る大人の空間。

美しい和風庭園が老舗料亭を思わせるMさんのお住まい。このお庭の眺望を活かすことが、
今回の提案の最大のポイントになった。元々、眺望にも採光にも恵まれた場所に応接室と
和室があったが普段の生活ではほとんど使われない状態。「あまりにもったいない」と、
同社の有馬さんが提案したのが応接室をDKにするアイデア。和風庭園を中心に、昼はカフェ、
夜はラウンジとシーンが楽しめる空間を提案。「こんな提案をしてくれたのはセキスイさんだけ」と、
一気に気持ちが固まった。内装は夫人がずっと温めていたという、ラウンジバーの雰囲気や
和室のブルーの壁、置きたい家具のイメージを児玉さんがまとめあげ、和と洋が見事に融合したデザインに。
非日常な空間を希望していた夫人も、「思った以上のものができた」と、心からお喜びだ。

大阪府 M様邸
■場所/大阪府 ■家族構成/お母様、ご夫婦、お子様2人 ■築年数/36年
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/鉄筋コンクリート
■リフォーム箇所/リビング、ダイニングキッチン、バス・浴室、トイレ、洗面所、和室、洋室、玄関
■施工費用/1,253万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

和室

群青色の京壁は、江戸時代の金沢で、贅を尽くした特別な空間に使われたという。


和室にクラシカルな家具や調度品を配し、長崎・出島のデザインを取り入れた。


和室のシャンデリアは以前の応接にあったもの。アンティークなデザインがコンセプトにマッチ。

玄関

玄関吹き抜けの壁面に、和室の壁と色合いを合わせたクロスをあしらい統一感を。

ダイニング

庭の緑をまるで一枚の絵のように切り取った大開口からの眺めが印象的。

キッチン

蔵に眠っていたという器が並び美術館のよう。

和風庭園

夕暮れに明かりが灯った室内の美しさに思わず笑みがこぼれる。

お客様の声

以前のキッチンは薄暗い場所にありましたが、今ではDKの配置換えにより、
お庭の季節の変化や、昼と夕景で表情を変える空間を味わう愉しみが増えました。

間取りへ戻る