孤立していたキッチンが家族のそばに
築120年の古民家が明るく快適に。

築120年を経て家の傷みがかなり顕著だったというUさんのお住まい。「昔ながらの土間があって床の段差も
ばらばら、戸もガタガタ、トイレやお風呂が外にあって冬は本当に寒かった。一時は真剣に引っ越しを考えて
いたんです」と夫人。そんなとき出会ったのが、同社の左海さんだ。「これだけ立派な梁や柱のあるお住まいは
そうはない」と、〝一部の梁や柱を補修したうえで、床の段差を揃えて居住空間を拡張。新たにできたスペース
に水廻りを集約する〞アイデアをその場で提案、意気投合した。なかでも、孤立していたキッチンをLDと
つなげたことで、家族との距離が近くなり心にもゆとりができた。「前は台所でイライラしていたけど、今は
ニコニコしていますね」と近くに住む娘さん。ふたりで並んでキッチンに立つことも増えたそうだ。

奈良県 U様邸
■場所/奈良県 ■家族構成/ご夫婦 ■築年数/120年
■建物のタイプ/戸建住宅 ■構造/木造軸組
■リフォーム箇所/リビング、ダイニング、キッチン、トイレ、洗面所、浴室、玄関、書斎、その他
■施工費用/1,740万円

間取り

[ 番号をクリックすると、ご覧になりたい箇所へ移動できます ]

リビングダイニング

希望は明るくすっきりした空間。
「いままで物が溢れていたので、出来る限り物を置かずに部屋を広く使いたい」と夫人。

収納

たっぷりの収納も設けた。

水廻り

以前はガレージだった場所に、念願だった洗面、浴室、トイレなどの水廻りを集約。

キッチン

白で統一されたキッチンは、二人が並んでもゆとりの広さ。「将来はこの家に住みたいな」と娘さん。

玄関

夫人がお気に入りだというダイニングから玄関方向の眺め。

堂々とした梁や格子の引き戸、和テイストの照明が、風格ある玄関。「花を飾るのも楽しくなった」と夫人。

お客様の声

暖かく掃除もしやすくなって、こんなに快適になるとは驚き。
打ち合わせを通じて、お二人に任せておけば大丈夫と感じられ、心強かったです。(夫人)

間取りへ戻る